光太陽農園の歳時記

畑の上で、発電をしています。太陽光発電なので、二酸化炭素を出しません。畑では野菜を作っています。植物が二酸化炭素のを吸収してくれます。電気を作りながら、二酸化炭素のを吸収するのがソーラーシェアリングです。

いちじくが一番?

自然エネルギー:イチジクの栽培でソーラーシェアリング、2メートルの木の上に太陽光パネル - スマートジャパン

大阪府立環境農林水産総合研究所では、ソーラーシェアリングにの研究に取り組んでいる。
 公共機関がソーラーシェアリングにの研究に取り組んでくれるのは、とてもありがたい。

■記事によると果物の中で、いちじくが一番光を必要としないとのこと。
たしかに、うちのいちじくも日陰でも元気に育っている。
 ただ、いちじくはカミキリムシの害に合いやすい。テッポウムシ(ゴマダラカミキリ)の餌食になってしまう。
 テッポウムシが木にはいると、木が弱ってしまう。中に入った虫は気づきにくいし、やっつけられない。
 ソーラーシェアリングに合う植物は何か。そして、生活できる収益をあげられる農作物は何か、いろいろ考えないといけない。
 売電収入がだけの、ソーラーシェアリングではないと思う。