光太陽農園の歳時記

畑の上で、発電をしています。太陽光発電なので、二酸化炭素を出しません。畑では野菜を作っています。植物が二酸化炭素のを吸収してくれます。電気を作りながら、二酸化炭素のを吸収するのがソーラーシェアリングです。

枝打ち

■枝打ち

ソーラーシェアリングは、それなりに風の影響を受けます。
そのため、立木は防風林として利用します。こちらで畑の周りに植えてある木はイヌマキという種類です。低木常緑樹で家の周りの防風林としても使っております。
光太陽農園では、2.5mの高さで刈り込んでいます。
日陰を避けるため、全て伐採してしまう野立てとはちょっと違います。
■刈り込み
樹木は上へ上へと伸びていくので、上の方にはがたくさんあります。その上の方を2.5mの高さで切ってしまうので、あまり刈り込みすぎると木が枯れてしまいます。そのため、ある程度の枝を残しながら、刈込みをしていきます。
これが結構難しいです。
バランス感覚が必要です。