光太陽農園の歳時記

畑の上で、発電をしています。太陽光発電なので、二酸化炭素を出しません。畑では野菜を作っています。植物が二酸化炭素のを吸収してくれます。電気を作りながら、二酸化炭素のを吸収するのがソーラーシェアリングです。

ご当地エネルギー

■写真は光太陽農園にあるガス井戸です。

f:id:saku385:20150909062014j:plain

■あまり知らない人が多いのですが、千葉県には昔からご当地エネルギーがあります。

それは、天然ガスです。

地下資源の乏しい日本ですが、ご当地で消費するだけではなく、外房から京葉工業地帯までパイプラインで輸送しています。

■何かこれ、非常にもったいない気がします。

エネルギーの取れる所で、エネルギーの多重活用をした方がいいのではないでしょうか。

輸送しやすい電気でもいいですし、排熱でお湯を沸かしてもいいと思っています。

幸いにも、燃料電池で使う水素は天然ガスから取り出すことができます。

エネルギーの自給できる場所があってもいいのではないでしょうか。

■困ったことに、実際地元は、ガスをガスとして売っていません。借地料として、ガス井戸の場所をガス会社に貸しているだけです。

これでは地元経済が回らないのではないでしょうか?

■エネルギーはいろいろと裾野の広い仕事です。いろいろな人と協力できればいいなと考えております。