光太陽農園の歳時記

畑の上で、発電をしています。太陽光発電なので、二酸化炭素を出しません。畑では野菜を作っています。植物が二酸化炭素のを吸収してくれます。電気を作りながら、二酸化炭素のを吸収するのがソーラーシェアリングです。

花畑

■光太陽農園はいまそばの花が満開です。

花の匂いに誘われて、いろいろな昆虫がやってきます。

ミツバチ、アブ、蝶、ハエ、テントウムシ、アリ、バッタ、カマキリ等々。

今はブンブン羽音がうるさいです。

意外と少ないのがカエルです。ちょっと前まで雑草でおおわれていた時には、本当にたくさんのアマガエルがいました。

春もたくさんのカエルがいました。ただ、夏場の猛暑日を境にかなりいなくなってしまったようです。

ジリジリと厳しい日差しが照りつけることで、カエルがのんびりできる環境ではなくなってしまったのでしょう。

■写真でとったのは、クマ蜂です。

クマ蜂は体重が重いので、そばの花の上に乗ることができません。

無理やり花の上に乗るのはいいけど、体重でひっくり返ってしまいます。そして下から花の蜜を吸います。

かなり無理して蜜を集めています。

やはり効率的に蜜を集められるのは、ミツバチですね。ミツバチは体重が軽いので、花の上をちょこちょこ歩きながら、蜜を集めています。

f:id:saku385:20150921080020j:plain