光太陽農園の歳時記

畑の上で、発電をしています。太陽光発電なので、二酸化炭素を出しません。畑では野菜を作っています。植物が二酸化炭素のを吸収してくれます。電気を作りながら、二酸化炭素のを吸収するのがソーラーシェアリングです。

綺麗な朝になりました。

良い天気になりました。

そろそろ朝露がパネルにつく時期になります。

そしてポタポタと朝露のしずくが落ちる時期でもあります。

今までは、すべての水分が、蒸発していましたが、上にパネルがあることで、蒸発した水分は、また地表に戻ってきます。

太平洋側は冬の間は乾燥します。それは畑も同じこと。

適度な水分を保ったくれるソーラーシェアリングは、畑に優しいと考えております。

f:id:saku385:20151107043938j:plain