光太陽農園の歳時記

畑の上で、発電をしています。太陽光発電なので、二酸化炭素を出しません。畑では野菜を作っています。植物が二酸化炭素のを吸収してくれます。電気を作りながら、二酸化炭素のを吸収するのがソーラーシェアリングです。

田のソーラーシェアリング 接地工事

f:id:saku385:20151119054552j:plain

■田んぼのソーラーシェアリングもだいぶ増えてきました。

以前見学に行ったソーラーシェアリングの接地工事の写真です。

光太陽農園のソーラーシェアリングは畑なので、あまり気にしていなかったのですが、田んぼで、接地(アース)を取る場合は、通常の接地工事で大丈夫なのでしょうか?

■稲が植わっているときは、水田になっているので、大量の水があります。

漏電があった場合、水を伝って、感電することはないのでしょうか。

普通のアースで、安全に電気を逃がすことができるのでしょうか?

最近は、長靴を履いて田んぼに入って作業をすることも、少なくなりましたが、それでもないわけではありません。

田んぼの中に、足を入れた瞬間にビリビリ来るようなことは、避けたいです。

電気に詳しい方がいたら、ぜひ教えてください。