光太陽農園の歳時記

畑の上で、発電をしています。太陽光発電なので、二酸化炭素を出しません。畑では野菜を作っています。植物が二酸化炭素のを吸収してくれます。電気を作りながら、二酸化炭素のを吸収するのがソーラーシェアリングです。

2番穂活用法

■稲を収穫した後、そのままにしておくと稲株から、葉が出て稲穂ができます。

一度収穫した後に出てくるので、農家は2番穂と呼んでいます。収穫したあとに出てくるおまけのようなものなので、お米は気休め程度しかついていません。

それでもコメ不足の頃は、これを収穫して食べたと聞いております。普通のコメに比べれば、味は落ちると思います。

■せっかくの大地と太陽の恵みなのに、もったいない!!

そこで、いろいろ実験してみることにしました。

まずはどの程度の収量があるかです。

9月のはじめに稲を収穫して、そのままにしておいた田んぼです。

5m四方を刈り取り、収穫量を測定します。

土のう袋4袋になりました。

重さを図ってみると、約1.5kg/袋になります。合計で約6kgになりました。

25m2で約6kgの稲わらが収穫できます。

この田圃は2500m2の大きさがあるので、600kgの2番穂が収穫できることになります。

■600kgの稲わらです。完全乾燥の稲わらです。しかも完全無農薬無化学肥料です。

植え付けの手間はかかりません。防除も施肥も必要ありません。必要なのは収穫だけです。

イデアがいろいろ浮かびます。

 

f:id:saku385:20160113054315j:plain

f:id:saku385:20160113054432j:plain