光太陽農園の歳時記

畑の上で、発電をしています。太陽光発電なので、二酸化炭素を出しません。畑では野菜を作っています。植物が二酸化炭素のを吸収してくれます。電気を作りながら、二酸化炭素のを吸収するのがソーラーシェアリングです。

今年一番の冷え込み

今年一番の冷え込みになりました。

太陽光パネルにも、びっしりと霜がついております。とても寒い状態です。天気が良いので発電してくれているですが、やはり霜がついていると、あまり効率が良くないようです。

太陽光パネルが霜を受け持ってくれている分だけ、畑の上に降りる霜は少なくなります。また、冬の時期はカラカラに乾燥するのですが、パネルが上で蓋をして水蒸気を逃さないため、カラカラ乾燥状態にはなりません。

冬場で、乾燥に弱い作物を作るには良い環境になっていると考えます。

f:id:saku385:20160114060651j:plain