光太陽農園の歳時記

畑の上で、発電をしています。太陽光発電なので、二酸化炭素を出しません。畑では野菜を作っています。植物が二酸化炭素のを吸収してくれます。電気を作りながら、二酸化炭素のを吸収するのがソーラーシェアリングです。

手が滑った……

■今日の朝、手が滑ってお茶っ葉を床の上にばらまいてしまいました。

朝からついてない。

いつもだったら、それで終わるのですが、今日は、以前に受講した研修のことが思い出されました。

失敗は重要な経験である。なぜ失敗したのかを、突き詰めれば成功する。

 

■今回はテーブルの上ではなく、手で持って蓋を開けました。

テーブルの上で蓋を開ければ、ひっくり返しても被害は少ないではないか?

そもそも、茶筒いっぱいにお茶を入れておく必要はないのではないか?

必要な分だけ、入れておけば、お茶っ葉は湿気ないし、こぼれた時の被害が少ない。

ーーそもそも、テーブルの上において茶筒を開ければ、手が滑ってもこぼすことはないのではないか?

 

■結論として、一週間に必要な分を茶筒に入れて、テーブルの上で開ければ問題ないことに気が付きました。

こんなことは、失敗してみないと、気が付きません。改善する気も起きません。

 

■失敗しないことが重要だと聞かされて育ちました。

何もしなければ、失敗しない。今までどおりで大丈夫。

そんな教育を受けてきましたし、子どもたちにも、失敗しないようにさせたような気もします。

ただ、失敗に対する教育が違えば、これだけ学ぶことがあるのです。

 

■もしかしたら、自分は失敗したことに気がついていないだけ? だったのかもしれません。それは、とても怖いことであり、もったいないことだったのかもしれません。

f:id:saku385:20160116063303j:plain