光太陽農園の歳時記

畑の上で、発電をしています。太陽光発電なので、二酸化炭素を出しません。畑では野菜を作っています。植物が二酸化炭素のを吸収してくれます。電気を作りながら、二酸化炭素のを吸収するのがソーラーシェアリングです。

腐葉土

■光太陽農園6号機の土をほってみました。

腐葉土の厚さは15センチ以上になりそうです。写真に写っているスコップのシャベルの部分は15センチあります。下が見えません。

かなりの量の腐葉土が堆積していることがわかります。

これを利用しないのはなんともったいないのでしょうか。野菜を作れば、美味しい栄養たっぷりの野菜ができそうです。

■光太陽農園6号機の隣には、同じような太陽光発電があります。

こちらは有刺鉄線と防草シートとセコムです。

ここまでやる必要があるのでしょうか?

この場所も以前は樹木が生い茂っておりました。多分たっぷりの腐葉土があったと思います。だけど今は、砂ばかりの砂漠のようになっています。

これが本当に再生可能エネルギーの本来の姿なのでしょうか?

■やはり、大地と共生していくのが再生可能エネルギーではないでしょうか

 

f:id:saku385:20160103161113j:imagef:id:saku385:20160103161122j:image